スポーツ障害|守山市で整骨院・整体をお探しならエブリィー整骨院へお任せください。

  • 営業時間
    定休日:日曜・祝日・土曜午後・ 第一、第三水曜(▲)
  • 0775820008

    〒524-0013 滋賀県守山市下之郷 1-3-50

  • アクセスマップ
Web予約

スポーツ障害

こんなお悩みはありませんか?

野球肘・テニス肘

野球肘・テニス肘について

手首を曲げたり捻ったりするときに使う筋肉や腱に炎症が起きて、肘の内側、または外側に痛みがある状態のことです。肘の内側が痛む症状を野球肘、外側が痛む症状をテニス肘といいます。
痛みを我慢し続けることで手術をしなければならなくなる可能性が出てくるので、痛みが出たら無理しないようにしましょう。

野球肘・テニス肘の原因

野球の場合は、ボールを投げる投球フォームが悪かったり、テニスの場合は、腕が伸びた状態でボールを打つフォームの人は起こりやすいです。また、全く関係ないと思われるかもしれませんが、股関節の動きが悪くなったがために、重心移動ができず、右投げであれば左肩の開くタイミングが早くなり肘が伸びることで、傷めるケースも多いです。

シンスプリント

シンスプリントについて

走ることが多いスポーツを行っている人に多く、運動時や運動後にスネの骨(脛骨)の内側に沿ってうずくような鈍痛が起こります。
多くの場合、鈍痛は運動開始時に現れ、そのあと消えて運動が終了するとまた戻ってきたりします。症状が進むにつれ、鈍痛は段々ひどくなり、運動している最中はずっと持続するようになります。

シンスプリントの原因

スネの骨の周りにはたくさんの筋肉が付着していますが、走ったり歩いたりジャンプしたりすると筋肉が動く時にスネの骨膜(骨膜とは、骨を覆っている膜)を引っ張ります。その状態が続くと引っ張られている骨膜が耐えきれずに炎症が起き、内側や外側が痛むという症状になります。
痛みを我慢して運動し続けてしまうと疲労骨折にもつながるので、我慢せずに早期に治療しましょう。

オスグッドシュラッター

オスグッドシュラッターについて

小学生高学年から高校生の運動をしている子どもに起こりやすい症状です。膝のお皿の下の骨がボコッと飛び出てきて、その骨を押すと痛みがでるのが特徴です。
激しく運動した後だけ痛みを感じる、歩くという行為自体に痛みを感じるといった症状がよく見られます。

オスグッドシュラッターの原因

オスグッドの痛みの原因は、「太ももの前の筋肉の硬さ」です。
太ももの前の筋肉は、一般に膝のお皿といわれている膝蓋骨に付着しますが、膝の曲げ伸ばしをすると大腿四頭筋が伸び縮みするため、この脛骨粗面を引っ張るようなストレスが生じます。この繰り返し引っ張るストレスがかかる事で骨が剥離してしまうのがオスグッド病のメカニズムです。骨の突出は、一度突出してしまうと元には戻らず、大人になっても骨が出た状態になってしまうので早期の発見、治療が大切です。

当院の急性外傷、スポーツ障害について

エブリィー整骨院は、スポーツ選手や部活を行っている学生の方が痛めた身体を「ソーマダイン」という機器を使用して施術を行っていきます。
急性外傷、スポーツ障害の施術はもちろんのこと、亜急性外傷、慢性的な損傷まで幅広い施術に対応いたします。
正常な細胞膜はプラス極とマイナス極でバランスを保ってますが、損傷した細胞膜ではマイナス極のみの電気領域になります。この状態の細胞に微弱電流を外部から流すことで細胞内のミトコンドリアが活性化し、タンパク質の合成が通常より早くなるので細胞修復が期待できます。

症状によって痛みとタイミングは異なります

スポーツ障害は、捻挫や肉離れのような突発的に起こる急性外傷と、野球肘、テニス肘、シンスプリント、オスグッドシュラッターなどの慢性的に起こる損傷に分けられます。また、突然痛みが起こるような亜急性外傷も存在します。

急性外傷

急性外傷とは、スポーツ選手が試合や練習で怪我をした、家事を行っている最中に足を挫いてしまったなどを指します。

亜急性外傷

亜急性外傷とは、一度治った怪我が再発することや、ある日突然痛みを発する事を指します。

慢性的な損傷

主に試合や練習で使いすぎたことが原因で慢性的に痛みが出る症状を指します。

急性外傷、スポーツ障害の種類

障害箇所 病名
外傷性頸部症候群、バーナー症候群
野球肩、ベネット損傷
野球肘、テニス肘、ゴルフ肘
腱鞘炎
腰椎すべり症、椎間板ヘルニア、梨状筋症候群、筋筋膜性腰痛
オスグッドシュラッター
大腿 筋断裂、肉離れ
下腿 ランナー膝、膝蓋骨脱臼・半月板損傷
シンスプリント・コンパートメント症候群・アキレス腱炎

※その他様々なスポーツ障害に対応しています。

転倒による手首・足首の捻挫肘や膝の打撲にも対応します。
その他、仕事や家事(育児)による手首、肘の腱鞘炎にも対応します。

当院の施術を受けると

ランニングにより足の爪が内出血をおこし5ヶ月間治らなかったケースです。 1回の施術で、2回目来院時には内出血の部分が剥がれ落ち新しい爪が生えているのが確認できました。
このようにソーマダインは傷んだ細胞の修復を早めてくれる効果があります。

ページトップへ戻る